葬儀屋 独り言

葬儀について、一般葬、家族葬、仏事、日々の気づきなど、葬儀の仕事をする中でご縁を頂きお手伝いする中で、固定観念にとらわれずご当家と向き合える葬儀屋で居るために、ご協力よろしくお願い致します

クレームって、怖いですよね💦

先程、仏壇納品焚き上げ時のクレーム入りました

当社、仏壇店では、納品時に、アンケート用紙をお渡ししています。その用紙が、郵送されてきて、仏壇納品時、スタッフの一人が、ガムを噛んでいたとの内容でした。納品は自分ともう一人、2人体制で対応させて頂いております。今回のお客様は、鮮明に覚えていました。理由は、仏壇納品後、今後また万が一の事が、あれば相談に乗って欲しいと言って頂き、雰囲気も良く、作業終了後、玄関から外まで出てきて頂いたお客様だったからです。もちろん納品時2人とも、ガムなど噛んでいた事実はありません。クレーム対応として、まず、直ぐにお電話させて頂きましたが、留守電となった為、アンケート返信のお礼と、お詫びをメッセージに残させて頂きました。その旨を上司に報告し、本日、夕方、お詫びに直接お伺いする事となりました。お会い出来るかわかりませんが、行ってきます。

このような場合

ここからは、自分の考えなので、賛否両論あると思いますが、書かせて頂きます。まず、今回のクレームは、自分かもう一人のスタッフなのかは不明ですが、納品時、ガムを噛んでいたとの事です。これに関しては、ありえません。自分もそうですが、もう一人のスタッフにもそんな事実はないからです。しかし、そこを否定しても、水掛け論になるだけなので、お客様にそう映ってしまった以上、言い訳せずに、お詫びして来ようと思います。大切なのは、お客様から頂いた、クレームに対して、迅速な対応をする事だと自分は考えます。今回の件は、違うとは思いますが、お客様からのクレームというのは、ちょっとした事がきっかけで、色々な要素が重なり、話しが大きくなっている事がよくあると思うのです。お客様にそのような想いをさせてしまった事は、事実なので、時間をおいて対応するのではなく、迅速にお詫びするべきだと思います。少なくとも、自分はそうする様に心がけています。

どちらにしても…

自分たちの仕事は、ご家族様を亡くされた中で、ご縁を頂き、お手伝いさせてもらう仕事です。些細な事が、致命傷になる事も少なくない仕事です。気を付けていても、完璧な事は無い!本当に難しい仕事だと改めて思いました。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

やっぱり自分は…

お疲れ様です

昨日、通夜手伝いで入った現場、その流れで葬儀もお手伝いさせて頂きました。やっぱり施行の仕事をすると、自分が一番充実感を感じられるのが施行現場だなぁと感じます。贅沢かもしれませんが、直接、自分に依頼が入ればもっとしてあげたいなぁと思うこともありましたが、そこは、他社の現場なので、出しゃばらず、ミスのないよう施行手伝いさせて頂きました。

他社施行なので、冷静に分析する事も出来るので、一つ一つの流れが、全て勉強ですそういう意味では、今後の自分の起業に向けてもプラスになっていると感じました。本当にご当家様、呼んで頂いた葬儀社様、有難うございます。

新たな緊張感も

起業を決断し、初めての施行サポート現場だった事もあり、今まで手伝いに入った時よりも、いろいろ感じる部分もあり、また、今まで感じた事のない適度な緊張感も感じる現場となりました。同じ葬儀社でも施行する業者が違えば、いろいろな表情を作るのも、業界のあるあるです。細かい部分ではありますが、同じ予算、同じ式場であっても施行者が変われば、葬儀自体も表情を変える、よく耳にしますが、葬儀は一つとして同じ物はありません。それだけに失敗は許されないのです。だからこそ、自分はやりがいを感じる事が出来るのだと思います。

f:id:endingkun:20190424201954j:plain

ご満足頂ける葬儀社

改めて思いました。これからご縁を頂き、お手伝いさせて頂くであろう、ご当家様へ自分に託してください。大切な方の最期のセレモニー。何度も書きますが、ナンバーワンではなくオンリーワンの葬儀屋。それこそが、自分が作ろうとしている葬儀屋です。いや、一緒に作っていくのです。それが、自分の立ち上げていくEnding Rordです。

 

本日も最後までお読み頂き、有難うございました。

本日の成果

夕方、ブログ更新したのですが、本日の成果というか、独立を決めて、初仕事になるので、記録しておきたいと思います。

 

endingkun.hatenablog.com

 ⬆️の記事の続きというか、成果というか!

 

結論から言うと、明日、サラリーマン稼業の方はお休みなので、今後、お世話になるであろう葬儀社の現場、挨拶がてら手伝いに行ってきました。久々の通夜現場だったので、いろいろ想うところありましたが、やはり現場を手伝うと自分の存在意義を自覚できました。自分にやれる事をと思い、手伝わせて頂いたのですが、葬儀社、社長よりバイト代頂きました。そんなつもりじゃなかったのですが…💦

通夜現場終了後、帰る途中に別の葬儀社事務所があり、打ち合わせ兼ねて、寄らせて頂き、いろいろお話ししていたら、そこの葬儀社でもお迎え依頼が入り、手伝ってくれとの事。病院からの搬送は自分のstrong pointなので、喜んで同行!そこでもバイト代頂きました。本当にありがたい限りです。

ここ、数日は起業という決断の中で、不安やプレッシャーからなかなか落ち着かなかったのですが、本日、とても有意義な時間を過ごす事が出来て、少しホッと出来ました。まだ、スタートを切る前ではありますが、予行練習の様な経験ができたので、とても良かったです。明日も朝から、本日の通夜現場、ご出棺の手伝い入るので、早めに休もうと思います。

本日もお疲れ様でした!

やれる事から、やって行こう

いざ、独立に向けて動き出すと、焦りばかりが先行して、空回りしてる感が半端ない今日この頃です💦そんな自分を見かねて、沢山の業界諸先輩達から、連絡頂いております。ありがたい限りです。起業に向けて、いろいろしなきゃならない事や、やりたいビジョンなどで、頭の中、軽く混乱中!先が思いやられます💦

 

先程、一本の電話がありました。本日、通夜の現場を持っている葬儀社、社長からでした。この後、顔出しがてら、手伝いに行こうと思います。

 

焦らず、(やれる事から、やっていこう)その電話を受け、そう思いました。ごちゃごちゃ考えていても何も始まらないし、今の自分に出来る事、着実にこなして行きたいです。(お前はできる)そう自分に言ってやりたいです。

 

ということで、現場行ってきます!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

心踊る打ち合わせ😊

本日は、短い時間でしたが、独立に向け、スタッフの一人とファミレスにて打ち合わせしてきました。ミーティングとか打ち合わせって、あまり好きな方では、ありませんが、自分たちのやりたい事に対する打ち合わせって、とても楽しいものですね!

 

自分たちの理想の葬儀を、提供する為の葬儀屋立ち上げに向けての打ち合わせ。あっという間に時間が過ぎて行きました。当ブログにも書かせて頂いている、家族葬はもちろん、自分達が力を入れて他社と差別化を図るべくおススメして行きたい埋葬方法である、海洋散骨、宇宙葬など2人で真剣に意見交換してきました。仕事に限らず、興味がある事などの話しって、本当に充実しますよね。

 

そんなこんなで、貴重な時間を過ごせました。理想論を並べるだけではなく、実現するべく、努力していきたいと思います。本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

こんなお客様、いらっしゃいました!

本日は、最近、仏壇店へ来店されて、相談を受けた件で、書いてみたいと思います。少し長くなるかもしれませんが、知っておいて損は無いと思うので、よろしくお願いします。

お客様の相談とは、ご自分の葬儀の事で、10年ほど前にご主人を亡くされ看取ってもらえる親族もおらずもしもの時はどうしたら良いのかという内容のものでした。このようなお悩みの方は結構多くなってると思います。このお客様はマンションにて一人暮らしなのですが、老人ホームや施設にお住いの方、入院中の方にもこのお客様の置かれている環境になるか、似たような状況に陥る可能性が、あると思うのです。そこで自分なりに調べてみました。死後事務委任契約をご存知でしょうか?
人が死亡すると、葬儀の主宰、役所への行政手続き、病院代等の清算、年金手続き、クレジットカードの解約など、様々な事務手続きが発生します。
一般的に、これら事務手続きは家族や親族が行ってくれますが、身寄りがいない方の場合には誰もその作業をしてくれる人はいません。高齢化社会が進み、子供がいない夫婦が増え、家族関係が薄くなった現代においては、この死後事務を行う方が誰もいないまま亡くなる方が後を絶ちません。
このように、死後の煩雑な事務手続きを生前にうちに誰かへ委任しておくことができる制度が「死後事務委任契約」です。

死後事務が発生する可能性があることをなるべく広く委任しておく必要があります。この死後事務委任は、身近な親族や知人へ依頼をするだけではなく、司法書士行政書士のような専門家へ依頼することも可能です。
たとえば、以下のような死後事務について委任することが想定されます。
死後事務委任に盛り込む内容の一例
(1)行政官庁等への諸届(役所への死亡届の提出、戸籍関係手続き、健康保険や年金の資格抹消申請、その  他)の事務 
(2)直葬、火葬、納骨、埋葬に関する事務 
(3)永代供養に関する事務 
(4)生活用品・家財道具等の遺品の整理・処分に関する事務 
(5)医療費、入院費等の清算手続きに関する事務 
(6)老人ホーム等の施設利用料等の支払い及び入居一時金等の受領に関する事務 
(7)公共サービス等の名義変更・解約・清算手続きに関する事務 
(8)親族等への連絡に関する事務  
(9)インターネット上のホームページ、ブログ、SNS等への死亡の告知、または閉鎖、解約や退会処理に関する事務 
(10)保有するパソコンの内部情報の消去事務
当然ですが、死後事務委任契約が発動するころには、委任者は亡くなっておりますので、死後事務委任の内容を変更することはできません。つまり、死後事務委任契約を作成する段階で、なるべく広く委任事項を盛り込んでおき、死後に不都合が生じないようにしておかなければいけません。

死後事務委任の受任者と、遺言執行者は、それぞれ亡くなった方のために手続きを進める点で同じです。
しかし、死後事務委任と遺言では大きな違いがあります。
遺言では、あくまでも財産承継についての記載しかすることができません。不動産は〇〇へ相続させるとか、預貯金を△△へ遺贈するとか、遺産の承継先を決めておくのが遺言です。そして、遺言の内容を実現するだけしかできない遺言執行者は、遺言で定められた承継についてしか手続きを行うことができません。
対して、死後事務委任は、遺言と違って契約なので自由に取り決めることができます(財産の承継以外のことに限る)。
葬儀は〇〇寺でするとか、直葬の方法を希望するとか、埋葬はどうするとか、お墓はどうしたい、自分のペットは誰々に引き継いでほしいとか、自由に決めておくことができるのです。
死後事務委任だけを作っておいても財産承継の部分については対応できませんし、遺言だけ書いても死後事務については任せることができません。
つまり、自分の死後のことを網羅的に決めておくのなら、「遺言公正証書+死後事務委任契約公正証書」という2つの公正証書を残しておく必要があります。
もし、身寄りがなく誰にも頼る人がいないというのなら、遺言と死後事務委任についてセットで第三者の専門家(司法書士行政書士など)へ依頼をしておけば、自分の死後について誰にも迷惑をかける心配がなくなります。

死後事務は、委任者の死亡によって即開始します。委任者が死亡すれば、遺体の引き取り・葬儀の手配・死亡届など、すぐにやらなければいけないことが山のように出てきます。(死亡から時間が経ってから動きだす遺言執行者とはそこが違います。)
そして、それと同時に葬儀や火葬・病院代の支払いなど、様々な費用が発生してきます。このような費用を死後事務委任契約の受任者が立て替えて支払わなければいけないとなると大変ですし、もし万が一受任者に手持ちがないと葬儀を行うことができなくなってしまいます。
そんなときに備えて、一定額の金額を死後事務委任契約時に委任者から受任者に対して預託しておく方法があります。
葬儀の方法や規模などによって大きく異なりますが、預託金は100万円~150万円程度になることが一般的のようです。
これについては、司法書士行政書士のような専門家へ依頼するのも同様です。事前に専門家へお金を預託しておき、もしもの時に備えてもらうといいでしょう。
なお、預託を受けたお金はあくまでも委任者のものですので、受任者は自分の財産と分別管理をしなければいけないので注意が必要です。

 

皆様、どう思われますか?自分は葬儀屋なので、故人様をお迎えする側ですが、送られる側の立場の大家さん病院関係の方、施設の職員の方たちにも、知っておいて頂きたいと思うのです。そして、その橋渡しが出来る葬儀屋がいても良い様に思うのです。

 

今回は少し長くなってしまいました。最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

 

今後の事、はっきり決めました!(未来葬)

本日、社長と話し合い、来月15日をもって、退職となりました。いろいろ、思う事はありますが、立ち止まっていても何も進まないので、前に進もうと思います。

終業後、早速

仏壇、納品4件終わらせて、早速、次に向けて、今後お世話になるであろう、葬儀社社長に挨拶してきました。その中で新たな発見があったので、少し書きたいと思います。自分は、これから独立する上で、漠然とですが、今の業界に無いもの、行き届いてない事など、Only oneの葬儀屋になりたいと思い、当ブログにもいろいろ書いてきました。自分が思うに現在の葬儀屋は、不親切に思う事が、結構あります。簡単に言うと葬儀を完結する事ばかりに注視して、お客様のニーズに応える事が出来ている葬儀社が少ないように思うのです。最近の業界の流れは、価格競争ばかりにとらわれてお客様が本当に必要としているニーズから、ズレていっているように感じます。葬儀屋が葬儀施行のお手伝いするのは当たり前です。自分が言いたいのは、葬儀の内容もそうですが、葬儀後に戸惑う方が多いという事です。今まで、ブログに書かせて頂いていたのは、主に納骨方法の問題点でした。お墓問題、納骨堂、合葬墓、海洋散骨、宇宙葬。他にも色々あると思いますが、本日、挨拶に行った葬儀社、社長とお話しして他にも問題点がある事に気がつきました。

納骨など埋葬問題だけじゃない

本日、伺った葬儀社でいろいろ話してる中で、そこの社長の注目して形にしようとしている着目点が興味深い物でした。何かと言うと、詳しくは自分も勉強不足な点も多くどう書けばいいのかはまとまらないのですが、そこの社長曰く、葬儀のご縁を頂く上で、最近目立って来ているのも事実なのですが、核家族化やご年配の方の単身世帯が多くなっている為に、在宅医療の急増から、今までは病院へのお迎えなどが、一般的でしたが現在は在宅医療の発展などにより施設関係からの、発生が多くなっているという現実です。高齢者の医療費の増大により、病院がベット数を増やす事が難しくなる中、その代わりとして介護付き老人ホームや在宅医療への急速な移行が進んでいるのです。それに伴い、万が一の場合、葬儀を依頼するべき近親者がいなかったり、遠方に住んでる為、手配ができないなどの案件が非常に多いのです。

確かに言われてみると

自分の所にも相談持ちかけて来た、お客様が居たのを思い出しました。予算があるのにもしもの時に、葬儀社手配をしてくれる身内がいない、もしくは世話をかけたくないというお客様でした。本日、挨拶に行った葬儀社はこのような案件に着目して、そういう案件を対象として飛躍的に施行件数を伸ばしているのです。なるほどと思いました。そしてこのような背景のお客様は、埋葬方法も困る事は、勘のいい方なら容易に理解できると思います。葬儀自体を取りまとめてくれる親族がいないという事は、ご遺骨の管理をしてくれる親族もいないと言う事です。このような方達が利用しているのが介護医療サービスなのです。ここにも一つのOnly oneあるような気がします。

自分にはこの辺に精通した方が

繋がるような気がします。いえ、繋げてみせます!新しい発想の元、簡単な事ではありませんが、自分の近くにこのニーズに対して、具現化するための強力な理解者がいるのです。これらの事を形にして提供できれば、自分の理想とするお手伝いが出来ると思うのです。まだまだスタートに立ったにすぎませんが、あえて新たなジャンルとして未来葬と言わせて下さい。発生から葬儀内容、埋葬方法(海洋散骨、宇宙葬)など総称として付けてみました。これからのOnly oneの葬儀のことです😁

 

現在のニーズに応えることができ、残されたご家族へのメッセージ性も盛り込みご負担をかけなくてもすむ、未来葬!何を夢見たいな事言ってるんだと笑われるかもしれません!ですが、何事も最初は理解されなかったりするものだと思います。自分の葬儀屋としての目標は決まりました!あとは、突き進むのみです。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。